ブルウィップ効果の定量化と需要変動の推定

サプライチェーンにおけるブルウィップ効果とは?

サプライチェーンにおけるブルウィップ効果の原因は大きく異なる可能性があります。ブルウィップ効果の主な理由は、需要と供給の不確実性です。この現象は、たとえば商品の需要のわずかな変化でさえ、サプライチェーンの下流における原材料の需要が急増する可能性があるため、ブルウィップと呼ばれます。ブルウィップ効果を理解することは、サプライチェーンを保護するのに役立ちます。小さなイベントで重大な混乱を引き起こす可能性がある場合、在庫計画、ソーシングポリシー、および需要の変動性の複雑な相互作用を予測することは困難です。シミュレーションモデリングを使用すると、複数の層にまたがるビジネスプロセスと運用を捕捉して、ブルウィップ効果を定量化できるサプライチェーンデジタルツインを作成できます。

サプライチェーンにおけるブルウィップ効果の定量化

anyLogistix(ALX)サプライチェーンの設計およびシミュレーションツールを使用すると、ネットワークでのブルウィップ効果を説明し、その原因を特定し、さまざまなシナリオをテストして、最適な緩和ポリシーを見つけることができます。需要モデルと予測により、サプライチェーンの信頼性と回復力を高めることができます。

ALXでは次のことが可能です:

  • サプライチェーンの運用とネットワーク要素の相互作用に関する洞察を得る
  • 在庫とソーシングポリシーを改善
  • 安全在庫を最適化することで在庫コストを削減する
  • 生産計画をPOS需要に合わせる

シミュレーションモデルを使用することにより、ALXは、ブルウィップ効果につながる可能性のある不確実性やランダムなイベントなど、実際のサプライチェーンの詳細と動作を捕捉して評価することを可能にします。このモデルを現在の運用データと組み合わせて、最新の診断と予測のためのサプライチェーンのデジタルツインを作成することもできます。

捕捉できる重要な要素は次のとおりです:

  • 確率と季節性を伴う、ランダムなピークを含む需要の変動性
  • マルチエシュロン在庫ポリシー
  • 不確実性と輸送中の在庫を含む輸送ポリシーとリードタイム
  • 施設内の生産作業とサプライヤーの信頼性を考慮した、製造とサプライヤーのリードタイムの変動

シミュレーションがブルウィップ効果の定量化とサプライチェーンの回復力の向上にどのように役立つかについては、サプライチェーンのシミュレーションと最適化(Supply Chain Simulation and Optimization )の本をお読みください。anyLogistixを使用してサプライチェーンモデルを作成し、実験を行い、結果を分析する方法について説明します。anyLogistixソフトウェアの無料バージョンを今すぐダウンロードして、実験を開始することもできます。

本を読む alxを試す

ALXを使う理由

ブルウィップ効果は、不確実性とランダムなイベントに関するものです。したがって、サプライチェーンマネージャーにとって最も重要な質問の1つは、需要の不確実性をどのように減らすかです。

サプライチェーンの需要変動を定量化するには、動的シミュレーションモデルでサプライチェーンを表現し、動きのある内部の相互作用を確認して、その結果を測定する必要があります。従来の分析サプライチェーン設計ツールでは、これを行うことはできません。

ALXは、エージェントベースのモデリングを含むさまざまなシミュレーションモデリング機能を提供する唯一のサプライチェーン計画ソフトウェアツールです。ALXを使用すると、次のことができます:

  • サプライチェーンのダイナミクスをシミュレート
  • リスク、需要と供給の不確実性、リードタイムの変動、およびランダムなイベントを考慮
  • 平均ではなく特定の値を使用してサプライチェーンの運用を評価

How Digital Twins Help Manage Risks
in Supply Chain

Learn from the white paper
read now