サプライチェーンリスク管理ソフトウェア

サプライチェーンの運用は多くのリスクにさらされており、調査によると、サプライチェーンマネージャーは作業時間の40〜60%を障害の対応に費やしています。このようにならないために、サプライチェーンの理解、計画、および管理を強化することで、リスクのコストを最小限に抑え、ビジネス目標を最大化できます。

サプライチェーンのリスクを軽減する方法

anyLogistix(ALX)は、サプライチェーンリスク評価のための便利なプラットフォームです。これにより、ユーザーはサプライチェーンネットワークをサイバー空間に再現してその運用をシミュレートし、現実世界の不確実性と確率論を考慮して分析することができます。これは、従来のEXCEL等の分析的サプライチェーンリスク管理ツールを使用して対応することはできません。さらに、ALXでのシミュレーション使用することで、ユーザーは複数のネットワークまたはポリシー変更シナリオをテストして、サプライチェーンの回復力を高め、緊急時対応計画を定義できます。

サプライチェーンの状況を反映するデータをシミュレーションモデルに入力することで、サプライチェーンのデジタルツインを作成できます。これにより、適時、迅速で最新情報に基づいた意思決定が可能になります。ALXのサプライチェーンリスク軽減は、その計画の策定だけでなく効果的な運用のために適時使用できます。

シミュレーションモデリングが不確実性に対処できる唯一の方法であることがどのように証明されているかについて、詳細をご覧ください。サプライチェーンの混乱、リップル効果、緩和戦略、およびサプライチェーンの回復力の概念については、ホワイトペーパー「デジタルツインとシミュレーションによるサプライチェーンのリスク管理(Managing Risks in Supply Chains with Digital Twins and Simulation)」を読むか、サプライチェーンのリスク管理に関する問題関連のウェビナーをご覧ください。

ホワイトペーパーを読む ウェビナーを見る

ALXは運用上のリスクと破滅的なリスクの両方を対処できることに注意することが重要です。これら2つの概念の違いと、それがサプライチェーンにおけるリスク管理の有効性にとって非常に重要である理由を調べてみましょう。


運用上のリスク

ALXのシミュレーションモデリングを使用すると、サプライチェーンモデルにランダム性を含めることができます。さまざまなパラメーターを使用してモデルを複数回実行することにより、不安定性がサプライチェーンの運用にどのように影響するかを確認できます。これにより、リスクを定量的に評価し、イベントの確率とそれに関連する損失の両方を計算できます。

anyLogistixを使用したサプライチェーンリスク分析

次のようなサプライチェーンの運用上のリスクを見積もります:

  • ブルウィップ効果
  • 予測エラーやブルウィップ効果などによる需要変動
  • 輸送の遅延、商品の損傷または紛失、スクラップに関連するリスク
  • 在庫ポリシーが調整されていないため、自社またはサプライヤーの施設で在庫切れ
  • 生産時の機器の故障
  • 関税、税金、業界または環境規制の変更

破壊的リスク

What-ifシナリオを使用すると、緊急時にサプライチェーンのストレステストを行うことができます。ALXの柔軟性により、破滅的なイベントをシミュレートし、それが会社にどのように影響するかを確認できます。たとえば、サプライチェーンの回復力を次のようにテストします:

  • サプライヤーまたはロジスティクスプロバイダーの倒産
  • 自然災害または人為的災害による輸送または生産インフラの損傷
  • 経済的および政治的危機
  • リップル効果

anyLogistixを使用したサプライチェーンのリスク分析の詳細については、次のハウツービデオをご覧ください。

リスクを定量化したら、起こりうる損失を最小限に抑え、ビジネス目標を前進させるネットワークを設計できます。ALXは、サプライチェーンのリスク管理を容易にし、意思決定に必要な情報を提供し、無駄のない回復力のあるサプライチェーン運用を可能にします。

サプライチェーンのリスクを軽減する方法をお探しですか?anyLogistixソフトウェアを使用してサプライチェーンモデルの構築を開始しましょう。

alxを試す

デジタルツインがサプライチェーンのリスク管理にどのように役立つか

ホワイトペーパーから学ぶ(英語)
今すぐ読む