anyLogistixの機能概要

anyLogistixは、企業のサプライチェーンを設計、最適化、及び分析するためのサプライチェーンソフトウェアです。強力な分析的最適化(Analytical optimization)アプローチと革新的なシミュレーションテクノロジーを組み合わせて、エンドツーエンドのサプライチェーン分析のための包括的なツールセットを提供します。

シミュレーションと最適化の両方の方法を活用することで、サプライチェーンの問題に取り組む際のモデリング技術の欠如に制限されることはなく、従来のソリューションでは不可能だった、企業のサプライチェーンに関するより深い洞察を得ることができます。

anylogistixを試す

anyLogistixの機能概要

anyLogistixは、企業のサプライチェーンを設計、最適化、及び分析するためのサプライチェーンソフトウェアです。強力な分析的最適化(Analytical optimization)アプローチと革新的なシミュレーションテクノロジーを組み合わせて、エンドツーエンドのサプライチェーン分析のための包括的なツールセットを提供します。

シミュレーションと最適化の両方の方法を活用することで、サプライチェーンの問題に取り組む際のモデリング技術の欠如に制限されることはなく、従来のソリューションでは不可能だった、企業のサプライチェーンに関するより深い洞察を得ることができます。

ネットワーク最適化

ネットワークの設計と最適化

  • グリーンフィールド分析を実行して、施設(配送センター等)の数とその最適な場所の特定。
  • 物流ネットワークのすべての層に対してマルチエシェロン(多階層在庫最適化)に対応したグリーンフィールド分析を実行。
  • 主要な分析ソルバー(分析的最適化)であるIBM ILOG CPLEX®を使用して、最適なサプライチェーンネットワーク構成を決定。
  • サプライチェーンのマスタープランを期間ごとに実施して、生産、保管、出荷先と量を最適化。
  • ワンクリックで、分析的最適化の結果を動的シミュレーションモデルに変換し、より深い分析を行い、内部サプライチェーンのダイナミクスをより深く理解。
さらに学ぶ
動的シミュレーション

WHAT-IFシナリオと動的シミュレーション

  • サプライチェーンの詳細な動的シミュレーションを作成することにより、分析的最適化(Analytical optimization)では解決できない問題に対処。
  • 時間に依存する要因、ランダムなイベント、実際のシステムの動作、およびサプライチェーンエレメント間の動的な相互作用を分析。
  • サプライチェーンのメトリックが時間の経過とともにどのように変化するかを確認することができます。たとえば、その月の25日に、進行中の注文数、使用済み倉庫容量、及びコスト/収益等の情報を取得。
  • ネットワークレベルのポリシーで複雑なロジック(補充、調達、製造、輸送)を検討することができ、リソース使用率(フリート、人、機器)を考慮することも可能。
  • 事前に設計された強力な実験セットを使用して、さまざまな角度からサプライチェーンを探索。
さらに学ぶ
Supply Chain Risk Mitigation

サプライチェーンのリスク軽減

  • 破壊的なイベントをシミュレートし、それが企業にどのように影響するかを確認。
  • What-ifシナリオを使用すると、緊急時にサプライチェーンのストレステストを行うことが可能。
  • anyLogistixのシミュレーションモデリングを使用すると、サプライチェーンモデルにランダム性を含めることができ、さまざまなパラメータを使用してモデルを複数回実行することにより、不安定性がサプライチェーンの運用にどのように影響するかを確認できます。
  • anyLogistixを使用して、サプライチェーンのデジタルツインを作成することで、様々な混乱に対して迅速かつ効果的に対応が可能。
さらに学ぶ

在庫最適化

  • anyLogistixはシミュレーションを使用することで、現実的で正確な在庫計画が可能な唯一のテクノロジーです。
  • 安全在庫推定実験は、サービスレベルと費用対効果のバランスを見つけるのに役立ちます。
  • シミュレーションは、実際のランダム性を考慮に入れることができます。これにより、最適な製品在庫量を見つけるためのより深い洞察が得られます。
  • ネットワーク運用とリスクのダイナミクスを考慮し、シミュレーションにより、より正確な予測を行い、サプライチェーンの回復力を高めることができます。
さらに学ぶ
サプライチェーン在庫最適化
サプライチェーン輸送最適化

輸送最適化

  • 配達を計画するときは、クライアントの希望するリードタイムを考慮。
  • 配達時間枠とドライバーの労働時間を考慮。
  • 配達ごとにフリートミックスを定義し、自社フリートとサードパーティフリートのどちらかを選択できます。
  • 大規模で複雑なネットワークでも正確な最適化結果を取得。
  • ルートと配達の順序を地図上で可視化。

柔軟な統計と視覚化

  • サプライチェーンモデルで必要なすべての情報を測定します:コスト、収益、在庫のダイナミクス、サービスレベル、ブルウィップ効果、容量、使用率、受発注、及び製品等々。
  • レポートを拡張し、カスタムメトリックを追加可能。
  • モデルの実行中にメトリックが時間の経過とともにどのように変化するかを調べて、シミュレートされた時間の各瞬間にサプライチェーンがどのように動作したかを確認できます。
  • 強力な組み込みダッシュボードを使用して統計を可視化、又は、サードパーティのBIソフトウェアにエクスポート可能。
  • 地図上で動作するアニメーションで、シミュレートされたサプライチェーンがどのように機能するかを確認し、結果の信頼性を高めることができます。
柔軟な統計と視覚化
anyLogistix拡張機能

無制限のモデルのカスタマイズ

  • anyLogistix動的シミュレーションモデルの任意のコンポーネントは、主要なシミュレーションソフトウェアツールであるAnyLogic® Professionalを使用してカスタマイズできます。
  • AnyLogicを使用してanyLogistixテーブルをカスタマイズ可能です。たとえば、輸送コストの計算方法を変更したり、カスタム在庫ポリシーをモデル化したりできます。
  • サプライチェーンネットワークのオブジェクト(倉庫、配送センター、工場、顧客/市場)をカスタマイズ可能。また、注文、在庫、調達、輸送ポリシー等を編集することで、具体的なビジネスルールをモデルに取り込むことができます。
さらに学ぶ

サプライチェーンデジタルツイン

  • anyLogistixを既存の技術(ERP、MRP、WMS等)と統合して、サプライチェーンデジタルツインを作成し、リアルタイムデータとスナップショットを使用してサプライチェーンのダイナミクスを予測するサプライチェーンシミュレーションモデルを作成。
  • サプライチェーンに関するデータを自動的に収集し、サプライチェーンモデルのオブジェクト、プロセス、およびエンティティを構成。
  • 警告を受け取り、通知とトリガーを使用してアクションを実行します。例えば、サービスレベルが低下している場合や在庫が少なくなっている場合は、ユーザーに警告し、定義されたアクションを実行して、深刻な状況を回避。
  • リアルタイムデータに基づいて行動計画を作成し、テストします。anyLogistixの最適化、リスク分析、安全在庫見積もり、及び輸送の最適化等のデータに基づいて行動計画を作成。
さらに学ぶ
サプライチェーンデジタルツイン

ANYLOGISTIXのテクニカルデータシート詳細(英語)

データをダウンロード