サプライチェーン管理における安全在庫見積もり

需要の不確実性による在庫切れを回避し、顧客に必要なサービスレベルを提供するために、一定レベルの製品在庫を維持する必要があります。高レベルの製品在庫は高レベルの応答性を提供しますが、多くの在庫があっても使用されない場合は、コストが増加します。それとは逆に、製品在庫レベルが低いと、在庫保持コストは下がりますが、時間どおりに配達できない顧客の割合が高くなります。

したがって、在庫管理の主な目的は、バランス、つまり最適な製品在庫量を見つけ出すことです。


サプライチェーンの安全在庫とは?

安全在庫は、予測できない需要の変動の影響に対して、製品の在庫不足を減らすために使用されます。このタイプの在庫は、安全在庫またはバッファ(緩衝)在庫とも呼ばれます。安全在庫は、サプライチェーンマネージャーが不確実性の下で製品の供給を向上させるのに役立ちます。

理想的在庫行動

理想的在庫行動

理論的には、数式を使用して、注文ごとの最適なユニット数(EOQ – 経済発注量)と再注文ポイント(ROP)を計算できます。上のグラフの緑色の線は、最適なEOQとROPを使用した場合の在庫のダイナミクスを反映しており、理想的な在庫行動として名前を付けることができます。この場合、理想的な在庫行動とは、すべての仮定が満たされており、需要とリードタイムが一定であることを意味します。実生活では、これは当てはまりません。需要とリードタイムの両方が変動するため、実際の在庫行動は上のグラフの黒い線になります。

下のグラフでは、ROPは安全在庫によって増加しています。場合によっては、安全在庫によって需要変動に対応できる例を考えます。ただし、他のケースでは、バックログが存在します。つまり、手持ちの在庫から注文が履行されない場合です。

安全在庫とバックログのあるROP

安全在庫とバックログのあるROP

次のグラフは、過剰な安全在庫(ESS)によってROPが増加する例を示しています。ESSは非常に高いため、需要の変動によってバックログが発生することはありません。つまり、在庫ですべての注文に対応できることを意味し、これにより100%のサービスレベルをもたらします。ただし、最後のグラフの在庫レベルは前のグラフと比較してはるかに高いため、在庫コストが高くなります。

過剰な安全在庫があり、バックログがないROP

過剰な安全在庫があり、バックログがないROP

問題は、在庫投資と顧客満足度の適切なバランスを見つけるために、サプライチェーンの安全在庫をどのように計算するかです。


サプライチェーンの安全在庫を計算するにはどうすればよいですか?

安全在庫の適切な量の設定は、在庫管理において最も困難なタスクの一つです。いつ、どのくらい補充するかという質問に答えるには、まず、注文ごとの最適なユニット数を計算する必要があります。これは、線形最適化を使用する純粋に数学的なアプローチで行うことができます。サプライチェーンを数学モデルと見なし、一連の線形方程式とLPソルバーを使用して入力パラメーター(サービスレベルなど)に基づいて在庫を計算できます。

サプライチェーン管理における安全在庫見積もり

ただし、実際はネットワーク運用のダイナミクス、運用リスクと破壊的リスク、複数の階層にわたる需要の変動、およびオムニチャネルの予測不可能性を考慮する必要があります。つまり、単純な安全在庫計算式を使用した分析アプローチでは、実際の複雑で無駄のないネットワークでは機能しません。

しかし、動的シミュレーションはサプライチェーンの運用をそのまま表現できるため、定義された条件下で適切な安全在庫を定義する技術的能力を提供します。

シミュレーションは、次の4つの主な理由から、詳細な在庫ポリシーの計画に現在利用できる最高のテクノロジーです:

  1. 時間の経過に伴う操作をキャプチャし、アナリストがシステムの段階的な変化を調査し、特定の瞬間の在庫レベルを調べることができます。
  2. 現実世界のランダム性を説明することができ、納期や需要量などの変動要因は、サプライチェーンのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。そこでシミュレーションでは、この変動性を考慮に入れて、より正確な予測とサプライチェーンの回復力を高めることができます。
  3. シミュレーションは、アナリストに必要なすべての統計を計算する機能を提供します。これにより、在庫ポリシーを決定する際に、サプライチェーンのパフォーマンスをさまざまな角度から評価することができます。
  4. シミュレーションは、妥協することなく企業のビジネスの複雑さと特別な特性を表す、あらゆるサプライチェーンの独自性を捉えることができます。

シミュレーションが提供する利点と、それが適切な在庫戦略の定義にどのように役立つかを理解するには、ミュレーションベースの在庫最適化ウェビナーをご覧ください。

ウェビナーを視聴する

anyLogistixソフトウェアの安全在庫計画

安全在庫推定は、anyLogistixでのシミュレーションベースの実験です。これにより、希望するサービスレベルを考慮して、倉庫内の安全在庫の最適量を決定し、需要の変動に関連するリスクを防ぐことができます。輸送費とSLA(サービスレベルアグリーメント)ペナルティの間のトレードオフが収益にどのように影響するかがわかり、十分な情報に基づいて決定を下すことができます。

ALXソフトウェアで安全在庫最適化実験を開始するには、下記の入力が必要になります:

  • サプライチェーン構成(配送センター、サプライヤー、顧客)
  • 需要(注文ごとの商品の量、時間間隔)
  • 在庫および輸送ポリシー

これらすべての情報を使用して、安全在庫推定実験を実行できます。anyLogistixでこれを実行するには、サービスレベルの高さを指定する必要があります。たとえば、サプライチェーンに必要なサービスレベルを95%と定義できます。

実験の結果は、事前定義されたサービスレベルを提供するために最適な製品在庫量を提供します。重要なのは、anyLogistixでは、任意のメトリックの詳細で明確な視覚的表現を取得できることです。たとえば、各製品、工場、またはDCの安全在庫値を個別に取得し、これらの結果を最も便利な方法(表、ヒストグラムなど)で視覚化できます。これにより、結果を評価し、さまざまなインベントリポリシーパラメータを使用してサービスレベルとコストを比較できます。最後に、(すべての配送センターとサイトで)必要なサービスレベルを維持する最適化された安全在庫情報を使用して、適切に構成された在庫ポリシーを取得することが出来ます。

anyLogistixソフトウェアを使用した安全在庫最適化の詳細については、次のハウツービデオをご覧ください。

anyLogistixソフトウェアによる安全在庫の最適化

安全在庫推定実験がサプライチェーンでどのように機能するか試してみませんか? anyLogistix試用版をダウンロードしてお試しください。

alxを試す

More about anyLogistix features in our software technical datasheet

download datasheet