サプライチェーンのリスク軽減

適切なサプライチェーンリスク管理ソリューションを見つけることが非常に重要である理由

現代のサプライチェーンは、これまで以上に効率的かつ効果的になってきていますが、それらの要素は、深く相互依存しているため、サプライチェーンの柔軟性が低下し、様々なイベントや混乱に対して脆弱であると言えます。

一般企業は、サプライチェーンのリスクを低くし、混乱に迅速に適応できるようにするのに苦労しています。anyLogistixの最適化とシミュレーションモデリングは、サプライチェーンの回復力と信頼性を実現するのに役立つ最高のサプライチェーンリスク管理ソリューションです。

最適化とシミュレーションモデリングが不確実性とサプライチェーンの混乱にどのように役立つかについての詳細は、デジタルツインとシミュレーションによるサプライチェーンのリスク管理に関するホワイトペーパーをご一読いただくか、問題に関連するウェビナーをご覧ください。

ホワイトペーパーを読む ウェビナーを視聴する

サプライチェーンのリスク分析とは?

リスク分析は、リスクを回避または軽減するために、主要なビジネスまたは重要なプロジェクトに悪影響を与える可能性のある潜在的な問題を特定および分析するプロセスです。

これは、3つの主要な段階に区別できます:

anyLogistixソフトウェアによるサプライチェーンのプロアクティブなリスク管理
  1. リスク特定
    リスクは、サプライチェーンの構造、使用する機器、在庫、輸送方針などの内部要因、または自然災害や経済的および政治的状況などの外部要因に関連している可能性があります。
  2. リスク分析
    この段階で、各リスクの一連のメトリックを計算し、最も重要なものを見つける必要があります。最も一般的なメトリックは次のとおりです:
    • リスクの確率または頻度
    • 影響または予想損失
    • リスク値 = 確率 * 影響
    • 回復時間(TTR)— 混乱後にサプライチェーンが完全な機能に復元されるまでにかかる時間
    • 存続時間(TTS)— 混乱後にサプライチェーンが供給と需要を一致させることができる最大時間
  3. サプライチェーンリスク軽減
    最後のステップは、計画を立てて必要な行動を取ることです。計画を作成するときは、その有効性と、行動によってメトリックがどのように変化するかを評価することが重要です。

anyLogistixソフトウェアを使用したサプライチェーンのリスク分析の詳細については、次のハウツービデオをご覧ください。ベトナムと日本で稼働する靴サプライヤーを例として、anyLogistixのリスク分析実験を使用して緊急事態でサプライチェーンのストレステストを行う方法を説明しています。

サプライチェーンのリスク軽減戦略


サプライチェーンのリスク軽減戦略

サプライチェーンのリスク軽減戦略は、リアクティブプロアクティブに分類できます。

プロアクティブ戦略の目標は、サプライチェーンの混乱を回避するか、望ましくない影響の将来への可能性を減らすことです。このタイプの戦略を予測的または予防的と呼ぶこともできます。一方、リアクティブ戦略には、何かに応じたアクションが含まれます。

実生活では、サプライチェーンのリスク管理におけるプロアクティビティとリアクティビティのバランスがすべてであることを理解することが重要です。大企業は、サプライチェーンの混乱による被害を防ぐためにいくつかの措置を講じています。同時に、すべてを予測することは不可能であるため、企業は混乱の結果に迅速かつ効率的に対応する準備ができている必要があります。


anyLogistixソフトウェアによるサプライチェーンのプロアクティブなリスク管理

anyLogistixソフトウェアによるサプライチェーンのプロアクティブなリスク管理

プロアクティブなリスク管理には、既存のビジネスプロセスを評価して潜在的なリスクを判断し、確率と影響を評価してリスクに優先順位を付け、それに応じて緊急時対応計画を作成することが含まれます。

anyLogistixは、ネットワーク最適化のための分析ツールと独自の動的シミュレーションエンジンを組み合わせたものです。これらの手法を組み合わせて使用することで、より正確で透過的な意思決定支援モデルが提供され、より効率的なサプライチェーンリスク分析が可能になります。

anyLogistixソフトウェアは、サプライチェーンのリスク分析を実行するために次のワークフローを提供します:

  1. anyLogistixで将来の(または既存の)サプライチェーンのモデルを構築します。サプライチェーンを詳細に説明するには、モデルに次のパラメータを含める必要があります:
    • 顧客の場所と需要
    • 配送センターの在庫ポリシー
    • 配送センターに在庫を補充するサプライヤー
  2. シミュレーション実験を使用して、サプライチェーンの最も脆弱なノードを見つけます:
    • 潜在的なリスクと混乱を特定します(ご自身の提案と履歴データが役立ちます)
    • シミュレーション実験を数回実行して、起こりうる各混乱がサプライチェーン全体のパフォーマンスにどのように影響するかを判断します。
  3. 各シミュレーション実験の結果を分析し、以下に従って最悪のリスクを特定します:
    • 確率
    • 影響
    • TTR、TTS
  4. サプライチェーンシミュレーションモデルを試して、リスクの影響を減らすための解決策を見つけ出します。例えば、次のことができます:
    • サプライチェーン構造の変更:一部の施設を移動し、施設を追加します。
    • サプライチェーンのルールとポリシーを最適化し、バランスの取れたサプライヤーの組み合わせを見つけ、さらに車両のフリートサイズとその使用率を見積もり、サプライチェーン内の在庫配分を改善し、安全在庫を追加します。
    • サプライチェーンのメトリック(容量、スループット、コスト、サービスレベル、TTR、TTSなど)を改善します。
  5. サプライチェーンシミュレーションモデルの変更をテストし、リスクの可能性や影響の低減など、必要な結果が得られることを確認します。
  6. 結果を実際のサプライチェーンに実装します。
alxでリスクを軽減する

サプライチェーンにおけるリアクティブまたはリアルタイムのリスク管理

何かがすでに起こっていて、サプライチェーンのパフォーマンスがすでに妨げられている場合、リアクティブのリスク管理戦略が機能します。このような状況では、考えられるすべてのデータを取得し、すべての詳細を分析して、計画を立てる時間があまりありません。多くの場合、これらの軽減計画は迅速かつプレッシャーの下で作成されるため、状況のすべての詳細を考慮に入れることはできないため、これらの計画は、テストで証明された仮説よりも推測に近い場合があります。

サプライチェーンにおけるリアクティブリスク管理

サプライチェーンにおけるリアクティブリスク管理

それでも、あらゆる混乱に備える方法があります - サプライチェーンのデジタルツインを作成します。デジタルツインは、サプライチェーンの詳細なシミュレーションモデルです。リアルタイムのデータとスナップショットを使用してサプライチェーンのダイナミクスを予測することで、サプライチェーンのデジタルツインは、異常な状況に対処するのに役立つ行動計画をすばやく考え出し、計画をテストして効果を確認できます。さらに、デジタルツインは、混乱が発生したときに通知とアラームを送信できます。したがって、何かが発生した場合は、すぐに通知され、迅速かつ効果的に対応できるようになります。サプライチェーンのデジタルツインを使用すると、軽減計画の作成が大幅に簡素化され、実装前にその有効性をすばやくテストできます。プライチェーンデジタルツインの詳細 >>

サプライチェーンにおけるリアクティブリスク管理

サプライチェーンデジタルツインによるリスク管理

要約すると、anyLogistixシミュレーションとリスク分析の実験を使用することで、緊急時にサプライチェーンのストレステストを行い、結果を分析し、必要な変更を実装して、サプライチェーンの信頼性と混乱に対する耐性を高めることができます。anyLogistixの視覚化機能と高度な統計能力で、必要なメトリックの詳細で明確な視覚的データを取得できます。したがって、実験の結果を簡単に分析し、すべてのサプライチェーンの混乱がもたらす可能性のある結果を測定できます。さらに、anyLogistixを使用すると、サプライチェーンのデジタルツインを作成でき、混乱に迅速かつ効果的に対応できます。

anyLogistixの機能の詳細を確認し、それらがどのように役立つかを判断するには、テクニカルデータシートをご一読いただくか、anyLogistixソフトウェアの無料バージョンをダウンロードしてお試しください。

データシートを読む anylogistixを試す

デジタルツインがサプライチェーンのリスク管理にどのように役立つか

ホワイトペーパーから学ぶ(英語)
今すぐ読む