サプライチェーンデジタルツイン

サプライチェーンデジタルツインとは?

サプライチェーンデジタルツインは、リアルタイムのデータとスナップショットを使用してサプライチェーンのダイナミクスを予測する実際のサプライチェーンの詳細なシミュレーションモデルです。これにより、アナリストはサプライチェーンの行動を理解し、異常な状況を予測し、行動計画を立てることができます。

サプライチェーンのデジタルツインは、次の目的で使用できます:

  • サプライチェーンのダイナミクスと行動を理解する
  • ボトルネックの発見
  • サプライチェーンの設計変更と開発のテスト
  • リスクの監視と不測の事態のテスト
  • 輸送計画
  • 在庫最適化
  • 提供するキャッシュと提供するコスト分析
  • 今後数日および数週間にわたる運用の予測とテスト

ホワイトペーパー「サプライチェーンデジタルツイン」では、デジタルツインがサプライチェーンの課題をどのように解決しているかを調査できます。ホワイトペーパーを読んで、デジタルサプライチェーンツインがあなたのビジネスに提供できる価値を検証してください!

ホワイトペーパーを読む

デジタルツインと通常のサプライチェーンシミュレーションモデルを区別するものとは?

anyLogistixを使用したサプライチェーンデジタルツインシミュレーション
  • サプライチェーンのデジタルツインは、需要のマクロな変化から施設の4つの壁の内側まで、サプライチェーンの相互作用を分析するのに十分詳細です。財務フローとSKUフローの予測、需要変動の特定、シナリオテストなどの機能を有効にする必要があります。
  • 入荷スケジュール、車両の場所、在庫レベルなどのライブ情報フィードを使用して、サプライチェーンの現在の状態を評価し、最新の予測を提供します。たとえば、失われた在庫からのブルウィップ効果の定量化。
  • サービスレベルがしきい値を下回っているなどの異常な状況を通知するための構成可能な通知、アラーム、またはアラートを提供します。
  • 在庫切れの可能性など、選択したイベントが発生したときに自動的に実行されるカスタムアクションを設定するために使用できるトリガーを提供します。
  • 異常な状況に対処するのに役立つアクションプランを作成し、それらのプランをテストして効果的であることを確認できます。
  • デジタル(サプライチェーン)ツインは、御社システムの一部として動作し、シミュレーションモデルは、データベースやビジネスインテリジェンスツールの周囲のIT環境と統合することができます。

デジタルツインやコントロールタワーなどのトレンドトピックについてより深い洞察を得るには、ウェビナーをご覧ください。このウェビナーでは、デジタルツインとは何か、およびそれを使用してサプライチェーンのコントロールタワーを作成する方法について説明します。

ウェビナーを視聴する

サプライチェーンのデジタルツインを構築する方法

サプライチェーンのデジタルツインは独立していません。これは、企業システムと統合し、データフローとストアを統合し、サプライチェーンの仕組みに関する普遍的なウィンドウをユーザーに提供します。サプライチェーンのデジタルツインを構築するには、柔軟、拡張可能で相互運用可能なサプライチェーンソフトウェアを使用する必要があります。

anyLogistix(ALX)は、サプライチェーンのデジタルツインを作成し、運用上および戦術上の意思決定を強化するためのプラットフォームを提供します。anyLogistixは、次のようなあらゆる種類のエンタープライズソフトウェアと統合可能です:

  • サプライチェーン管理
  • ERP
  • ビジネスインテリジェンス
  • 輸送管理
  • 需要予測
  • 製造計画
  • 在庫管理

これらのツールを統合する方法のより詳細な例は、ホワイトペーパーに記載されています。

サプライチェーンデジタルツインの内部の例

サプライチェーンのデジタルツインの内部の例。詳細については、ホワイトペーパーをお読みください。

anyLogistixを使用してサプライチェーンのデジタルツインを作成し、サプライチェーンの監視、強力な分析、システムテスト、および開発実験を行います。まず、ホワイトペーパーを読むか、サプライチェーンモデルの構築を開始してください。

ホワイトペーパーを読む anylogistixを試す

Deepen your knowledge of supply chain digital twins and control towers

Read our white paper
read now