施設内分析

不確実性はサプライチェーンにおいて高コストに結びつく場合があります。また、ブラックボックスとして生産設備、倉庫および配送センター等を取り扱うことは、サプライチェーンの危険度が増す場合があります。

サプライチェーンの施設内プロセスは、診断、予測、および最適化を行う際に、入力データと出力データに依存することを意味します。この不確実性を取り除くには、施設がどのように機能するかを理解する必要があります。これにより、コストを節約し、効率を向上させ、サービスレベルの目標を達成するために必要な洞察を得ることができます。

シミュレーションモデルは、サプライチェーン施設内(DCや倉庫等)で何が起こっているかを捕捉できます。これにより、サプライチェーンマネージャーが施設内の運用状況をより良く理解し、様々な意思決定ができるようになります。

anyLogistix(ALX)を使用すると、次のことを決定して最適化することができます:

  • 施設のレイアウト
  • スタッフの活動
  • 輸送とマテリアルハンドリング
  • 製造/生産計画
  • Manufacturing/ production planning
  • 在庫レベルやリソース使用率などのパフォーマンスメトリック

シミュレーションモデリングがサプライチェーンの施設内で起こっていることをどのように捉えることができるかを確認するには、関連のウェビナーサプライチェーンデジタルツインへの施設内モデルの埋め込み(Embedding Inside-4-Walls Models into a Supply Chain Digital Twin)をご覧ください。

ウェビナーを見る

サプライチェーンに定期的に実データを入力することで、サプライチェーンデジタルツインを作成することができます。サプライチェーンモデルで得られた洞察は、状況の変化に応じた、運用上の意思決定に使用できます。

anyLogistixを使用したサプライチェーン施設分析

施設内の洞察は、ボトルネックを取り除き、コストを節約する機会を提供します。目標のサービスレベルを満たしながら、コストとリスクを削減するためにプロセスを改善することが可能です。

ALXを使用して施設内をシミュレートすると、次のことが可能になります:

  • 制約の特定
  • 各種ポリシーのテスト
  • ブルウィップ効果の緩和
  • 在庫最適化の改善
  • 操作を視覚的に確認
  • リスクを評価
  • リソースの見積もり、プロセスを最適化
  • 製造/生産計画を改善

ALXは、実績のあるAnyLogicシミュレーションモデル開発環境を備えた、サプライチェーン設計および最適化ツールです。ALXは、サプライチェーンのパフォーマンスに関する詳細なメトリックと、その運用に関する独自の洞察を提供します。

施設内分析について詳しくは、次のハウツービデオをご覧ください。このビデオでは、anyLogistixソフトウェアとAnyLogic Fluidライブラリを使用して、生産プロセスを高レベルで捕捉し、製造能力計画を最適化する方法を示します。

anyLogistixの適切なバージョンを選択してください

anyLogistix 入門 マニュアル

本書は、anyLogistixを初めて使用する方向けにステップバイステップで学習できる最適な自習書です。
ダウンロード