サプライチェーン設計ソフトウェアツールを使用した生産能力計画

生産計画は、需要、出荷条件、下流の在庫ポリシーなど、サプライチェーンの要件を満たす必要があります。これらのニーズを満たすために、生産能力計画ソフトウェアツールは、最適な解決策を見つけだし、サプライチェーン変更にともなうROIを計算するための手段を提供する必要があります。

anyLogistix(ALX)を使用して、サプライチェーンの設計とポリシーを適応させ、絶えず変化する世界経済で優位に立つことができます。

alxを試す

フットプリント製造最適化

ALXを使用すると、生産拠点の場所、製造する商品、および必要なキャパシティを選択できます。次のような、生産サプライチェーンの課題に対する最適な解決策を見つけてください:

  • 輸送リードタイムとサービスレベルを考慮して、施設を低コストの国に移動。
  • 一部の部品(オフショアリングまたはニアショアリング)の生産をアウトソーシングし、最適なサプライヤーの組み合わせを選択。
  • 需要の変動性を考慮して、部品表(BOM)全体で需要に対するキャパシティのバランスを取ります。

生産能力計画

特定の製造サイトでの特定の操作が、サプライチェーン全体のボトルネックになる場合があります。ALXを使用すると、サイトレベルで生産プロセスをモデル化して、製造能力の制約の根本原因を特定できます。以下に、例を示します:

  • 特定の生産ラインのスループット
  • 設備稼働率、スタッフの勤務シフト
  • バッファゾーンのストレージ容量

生産能力計画の詳細については、次のハウツービデオをご覧ください。 ビデオでは、anyLogistixでwhat-ifシナリオを実行して、毎日の生産計画を満たす能力を見積もる方法を紹介します。

anyLogistixソフトウェアを使用した生産能力計画


生産サイト全体のワークロードの管理

ALXを使用すると、緊急事態を含む複数のシナリオをテストして、ワークロードを複数の製造サイトに最適な方法で分散する方法を見つけることができます。モデルでは、次のようなさまざまな制約を考慮することができます:

  • サイトの容量と関連コスト
  • リスクを考慮した、各サイトの輸送コストとリードタイム
  • 需要の不確実性を考慮して、各サイトが供給するエリアとクライアント
  • さまざまな国の関税と税金

生産在庫計画

生産能力計画プロセスでは、原材料と梱包材、MRO、仕掛品、および輸送中の在庫をすべて考慮する必要があります。生産在庫計画でより良いソリューションを決定するためにALXで考慮に入れることができるものは次のとおりです:

  • さまざまなサプライヤーの価格とリードタイムの確率
  • 複数のBOMコンポーネントに対する需要の変動
  • ストレージ容量の制限
  • マルチエシェロン在庫とリードタイムの変動

ALXソフトウェアを使用して生産能力計画を実行する理由

ALXは、従来の数理最適化手法を、シミュレーション機能で補完します。シミュレーションモデルを使用すると、従来の分析生産能力計画ソフトウェアツールと比較して予測効率を向上させることができます。ALXを使用すると、次のことができます:

  • サプライチェーンのリスクと不確実性を考慮。
  • 個別の製造機械(ワークステーション)のレベルまで、施設内の生産現場をシミュレート可能。
  • 従来の分析ツールよりも正確で信頼性の高い結果を提供。

生産能力計画ツールをお探しですか? anyLogistixソフトウェアを使用してシミュレーションモデルの構築を開始しましょう。

alxを試す

Tools to Conduct True Multi-Echelon Inventory Optimization

Read the white paper
read now