輸送フローの最適化

概要と背景

Weekends Only社は、高品質で手頃な価格の家具を提供するために設立されました。1997年に最初の店舗をオープンして以来、Weekends Only社はFurniture Today’sの米国のトップ100の1つに成長しました。50,000平方フィートのショールームを備えた同社は、部屋の種類に応じた、特定の機能を備えた家具セットの組み合わせを閲覧、操作、およびテストするライブ体験を顧客に提供します(ダイニング、リビング、ベッドルーム、レクリエーションなど)。Weekends Only社は、2013年に、24時間年中無休で機能するeコマースオンラインショッピング市場にも参入しました。

その名前が示すように、Weekends Only社ショールームは週末(金曜日、土曜日、日曜日)にのみ営業しています。組織は残りの週を費やして、顧客のために全国で最良の取引を提供します。この独自のビジネスモデルは運用コストを削減し、顧客への価格を低く抑えます。Weekends Only社は、eコマースの利便性とアクセシビリティ、および実店舗(Brick-and-mortar store)のパーソナルショッピング体験の両方を活用して、新しいハイブリッド・ブリックアンドモルタルモデルも促進します。

課題

Weekends Only社の運用上の課題における最優先課題は、世界中のベンダーから米国の倉庫や小売店への調達家具の流通を継続的に最適化することです。歴史的に、アジアからのインバウンド海上貨物はカリフォルニアのロサンゼルス港を経由して出荷されていました。しかし、最近の開発により、ニューオーリンズ港とミシシッピ川は潜在的に魅力的な選択肢となっています。Weekends Only社のロジスティクスチームは、ニューオーリンズ港とミシシッピ川を経由して、海上、はしけ、トラックを組み合わせたマルチモーダル輸送の費用便益を調査したいと考えていました。具体的な関心には、この代替ルートまたはルートの組み合わせでWeekends Onlyが選択する条件(コスト要因、リードタイム、容量など)の決定が含まれます。

解決策

ミズーリ大学セントルイス校と協力して、Weekends Only社はサプライチェーンの課題に取り組むためにanyLogistixプラットフォームを選択しました。anyLogistixは、最適化とシミュレーションモデリングの両方の方法論を1つのプラットフォームに組み合わせることで、輸送要件を包括的にモデル化できる唯一のソフトウェアパッケージであったため、彼らの選択は理にかなっていました。

anyLogistixで、チームは2つのコアシナリオ、現在の状態と潜在的な将来の状態をモデル化して実験することができました。

  1. 現在の状態— コンテナの出荷は、中国の上海から米国のロサンゼルス港まで送られます。LA(ロサンゼルス)に到着すると、コンテナはMO(ミズーリ州)のセントルイスにある最終倉庫の目的地にトラックまたは鉄道で輸送されます。

    Weekends Only社での現在の国際ロジスティクス業務

    図1. Weekends Only社での現在の国際ロジスティクス業務

  2. 可能性のある将来の状態—あるいは、Weekends Only社はニューオーリンズ港を経由する追加ルートを採用し、ミシシッピ川を経由してMOのセントルイスまではしけでコンテナを輸送します。

    上海からセントルイスへの代替輸送ルート/輸送方法

    図2. 上海からセントルイスへの代替輸送ルート/輸送方法

さまざまな制約を考慮して、Weekends Only社は次のことを決定しようとしました:

  1. ルートと輸送方法の観点から、上海からセントルイスに出荷するための最良の方法は何であるか?
  2. 上海からニューオーリンズへの海上輸送のコスト、容量、通過時間、および頻度を、Weekends Only社はどのような条件で、選択するのが最適か?
  3. 輸送計画は、輸送時間、輸送負荷、および容量のさまざまな不確実性によってどのように影響を受けるか?

結果

anyLogistixを活用して、Weekends Onlyは、ニューオーリンズ港がインバウンド貨物を移動するための非常に魅力的なオプションであると判断できました。プロジェクトによって特定された年間コスト削減額は約730,000米ドルで、上海から米国へのインバウンド貨物支出全体の27%に相当します。リスクを軽減し、ルート変更の決定がビジネスに最適であることを確認するために、anyLogistix内で一連のシミュレーション実験が実行されました。その結果Weekends Only社は、リードタイムと必要な陸揚げ在庫のわずかな増加が輸送の節約とトリップ頻度の削減によって相殺され、プロジェクト全体の成功につながることを全体的に示すことができました。

ケーススタディをPDFとしてダウンロード

More case studies