概要 :

Tessenderlo Groupは、100年以上にわたり、多種多様な産業組織向けに、農業と有機性廃棄物に関する世界クラスの製品とソリューションを提供してきました。現在、この組織は、15の生産工場と100を超える流通ターミナルを、世界中で運営しています。

課題 :

市場の人口が増えるにつれて想像できるように、農産物の需要も増えます。北米では、Tessenderloは創業以来着実な成長を遂げてきました。しかし、物流ネットワークの制約が明らかになるにつれ、Tessenderloは、輸送資産のアベイラビリティ、輸送方法、生産能力の最適化、および改善に必要な運用コストの必要性を認識しました。この困難な課題をTessenderloは、サプライチェーン分析専用のシミュレーションモデルを作成し、これらの課題に焦点を当てることが彼らの最大の利益であることに気付きました。

解決策 :

サプライチェーン最適化シナリオ

Tessenderlo North Americanチームは、サプライチェーン分析を迅速に開始するために、卓越した顧客サービスと迅速なモデル開発を可能とする、サプライチェーン設計および最適化プラットフォームであるanyLogistixを選択しました。

Tessenderloが取り組んだ最初のプロジェクトは、2つのコア製品の提供コストを最適化することでした。これらの製品は、複数の工場で製造および配送されていました。この状況は、競合する生産リソース、利用可能なストレージ、および輸送資産に関する複雑さを生み出していました。TessenderloはanyLogistixチームの協力を得て、サプライチェーン分析のアプローチ方法を下記に決定しました:

  1. サプライチェーンの現在の状態を最もよく理解するため、以下に重点を置いて、ベースラインシナリオモデルを作成:
    • 工場の稼働率
    • 製造原価配分
    • 交通費
    • ターミナル流通コスト
  2. 一連のシナリオを実行して、エンドカスタマーにサービスを提供するための一連の最適な方法を特定します。主な目的は、さまざまな工場間で生産と流通をシフトするときに、資産の使用率と関連するコスト(工場、生産、保管、輸送など)がどのように変化するかを明らかにします。
  3. Tessenderloの主要な利害関係者プロジェクトチームで上位10のシナリオを確認して結果を検証し、最も適切な将来のシナリオを決定します。

結果 :

Tessenderloチームは、anyLogistixプラットフォームを利用することで、北米で2つの製品の生産および流通戦略を適切に再展開するために必要な洞察と自信を獲得しました。プロジェクトによって特定された節約額は、年間約140万米ドルでした。

最初のプロジェクトによって実現された成功を踏まえて、プロジェクトチームは、Tessenderloの残りの製品とネットワークの課題について同様のアプローチを取り、さらなる節約の機会を特定するために前進します。サプライチェーン変革し、ROIを最大化するために、同社は、anyLogistixプラットフォーム機能を定期的に活用して、最適化の結果を検証しながら、運用を維持することを計画しています。

ケーススタディをPDFとしてダウンロード

More case studies